いわゆる『トラブル』というのはたくさん想定されます。確実にどのようなトラブルが起きるか予想できないからこそ、「トラブル」なのです。例えば、会社間で特定の契約を行っているとします。それにはたくさんのお金が絡んでくるでしょうから、本来はあらかじめ決められた契約に乗っ取った取引が行われるはずです。今までも、そう行われてきました。

しかし、ある時に自分たちの会社に、契約違反が認められる、と言われました。そういった場合に、すぐに対応できるかどうか、それも特に重要な事と言えます。起こりうるトラブルはそれだけではありません。会社相手ではなく、顧客相手にトラブルが起こることもあります。法的な訴えを出されることもあります。また、社員または社員であった人から、以前の雇用(例えば残業代など)の問題で訴えを起こされることも考えられます。そういった場合に、すぐに対応できる環境が整っているかどうか、これは非常に重要な問題である、と言えます。対応に遅れると、会社にとって多大な損失を被ることになったり、その他何らかの不利益を被ることになります。それが直接的に社員の勤務などに響くこともあります。ですから、企業法務を設けることは重要なのです。

どんなトラブルが想定されるか